資格がなくても応募可能

経験があると有利

男の人と女の人

毎月の売上や費用の情報を記帳したり、確定申告を実施したりなど、会計の業務は企業を経営する上で欠かせません。
しかし、会計のために時間を取られるのが厳しかったり、仕事を任せられる人材が不足していたりなどの場合は、会計事務所を活用する方法があります。
会計事務所に手間のかかる業務を任せることができれば、他の業務に時間を避けるようになりますし、間違いの心配も不要です。
会計事務所で企業からの依頼を受ける側として働く場合、資格がなくても応募することは可能となっています。
会計事務所の責任者として働くのであれば絶対に資格は必要ですが、不要でも可能な仕事はあります。
ですから、求人で仕事の内容や求人の応募資格の部分を十分に確認することが大切です。
求人によっては無資格でも問題無い仕事での募集だったとしても、資格の所有者と限定しているケースがあり得ます。
たとえば、会計の知識を持ち合わせていた方が仕事を覚えやすいため、簿記の資格を持っていると採用される確率はアップします。
簡単に取得できる難易度よりは難しい方が評価されるため、会計事務所で働きたい場合は難易度が高めの簿記の資格を目指すべきです。
また、会計事務所の経験者は戦力になるので、かなり評価されることになります。
募集している人材の年齢は求人に記載してあります。
20代や30代は応募しやすい求人が多い状況です。
しかし、経験者であれば20代や30代ではなくても採用となる見込みはあります。

未経験でも不可能ではない

女の人

従業員数の少ない企業でも事務作業はあるので担当者はいます。
また、企業の規模が大きくなると事務員の数は多くなり、分担して仕事をする場面が多くなります。
たとえば、伝票の起票から会計ソフトの入力、給与計算、決算といった業務を担当しているのは経理です。
企業のお金に関係する業務を担当するのでとても重要な役割を担っており、責任は大きいです。
業務の重要性や責任の大きさから経理の人材を募集している企業は経験者を採用したい意欲が強いです。
新卒で採用する場合、経験がない状態は当たり前なので志望動機や自己PR、資格などの情報を参考にして採用する人材を決めます。
しかし、転職の場合は早く力を発揮して欲しいという考えがあるため、経理の経験者を中心に採用活動を行っている企業は多いです。
そのため、事務や経理業務は未経験者という状況であれば、転職は容易なことではないと理解が必要です。
しかし、絶対に不可能なことではないので対策の検討から始めることが大切です。
未経験で経理の転職を果たすためには年齢や資格でアピールします。
まず、年齢は1歳でも若い方が転職に成功しやすいです。
たとえば、20代の人材は未経験だったとしても定年まで勤務すると仮定すれば、長期間貢献してくれる人材なので採用してもらえる可能性は十分にあります。
また、資格は経験不足を知識で補う上で効果的なので取得した場合は選考でアピールに使用できますが、経理に関係する資格を選ぶことが重要です。

仕事の内容を把握する

男性

事務は企業における様々な部門の中で最も重要視されているわけではありません。
利益を生む部門は企業の成長に不可欠なので、営業や開発といった部門はどの企業でも中核と言えます。
しかし、事務の部門がなければ企業の生産性は低下してしまいます。
たとえば、経理は従業員の給与計算や振込、資金繰りなど企業の資金に関係する業務なので、絶対に欠かせない仕事です。
そんな経理への転職を実現するためには、経験を活かせる企業を選ぶことが大切です。
たとえば、経理の経験者でもまだ担当したことがない業務を任される転職先を選んでしまうと、仕事を覚えることが大変に感じる場合があります。
しかし、経験をダイレクトに活かせる業務を担当する企業へ転職すれば、仕事の面で困るような状況にはなりません。
ですから、求人の中では仕事の内容をしっかりと把握するように努める必要があります。
求人に事務や経理という職種しか記載されていない場合、具体的にどのような仕事を担当するのか判断に迷ってしまいます。
そのため、職種だけではなく、担当する仕事を具体的に記載している求人を探して応募すべきです。
未経験でも経理への転職を考えている場合は、仕事に活かせる経験や資格で評価アップを狙う方法があります。
経理の仕事ではパソコンを使用する頻度が多いので、パソコンの知識がある者は評価されます。
また、会計や労務の知識も仕事で必要とされますし、伝票や書類を手書きすることもあるので綺麗な文字を書けることもアピールに繋がります。

ManpowerGroup

仕事を探している方必見ですよ!人材派遣なら、ここで便利に探すことができます。また、転職にも利用できますよ。